Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

20170702122959994.jpg

土曜日19:30~ NHK ブラタモリ。
面白かったです 

で、ブラタモリの放映日に、先走って行って参りました。
埼玉巡り(笑)
先週は、大宮に3回も行ってしまった 

県民になって23年になりますが、「ニューシャトル」に乗ったのは初めて。
利用するような事が無かったからなんだけど、ちょっと運賃がお高いイメージ。
まぁ…初乗り190円なので、べらぼうってわけじゃないんだけど、でもやっぱり少し高いかな。
ちなみに、Suicaだと185円でした。

201707021230116a8.jpg

この線路(レールが見当たらないけど)のカーブの先から電車が入って来ます。

2017070212302596e.jpg

電車が入って来ました。
撮り鉄は顔を撮りたい 

20170702123042a35.jpg

「鉄道博物館駅」
昔は「大成駅」だったと、が言っていた。
とにかく、喋り出したら止まらん。
うんちく王 
でも、本当に色んな事をよく知っているので、黙って聞くしかない(笑)
てか、かなりの鉄男だと言う事を改めて思った。
何を聞いても即答出来るから凄い。

201707021230555b1.jpg


2017070212310773c.jpg

最初に目に入るのはこれ。
ちょっと忘れちゃったけど、どっかのお国のSLの車輪らしい。

20170702123116f9d.jpg

日本のSLの車輪なども並んでいました。

2017070212312751e.jpg

奥のは随分大きい。
機関車も大きかったんでしょうね。

20170702123151ac7.jpg

こちらは、修学旅行列車だとか。
こんなの見たことないわ。

2017070300331660b.jpg

入場券。
一般は1,000円です。
このカード、Suicaと同じでチャージが出来る。
チャージをして、館内で食事をしたり、お土産を買ったりできるらしい。

入場する時も、改札にかざして通ります。

2017070300332833c.jpg

もう、ヤバい位萌えました。
特に、この中央にある列車の後ろの群に…

1歳~中学迄、青森までの夜行寝台にかなり乗っていたので懐かしすぎます。
ちなみに、高校の修学旅行も上野から青森まで夜行寝台で行き、青函連絡船に乗って北海道に渡った年代です(笑)

20170703003338ae0.jpg

こだま。
これも乗ったなぁ~~ 
でも、子どもの頃は、この手の新幹線を全て「ひかり号」と認識していた(笑)
絵本には間違いなく「早いぞ!早いぞ!ひかり号」って書いてあったと思うんだけどなぁ。

20170703003353e26.jpg

国鉄バスだって。

2017070300340237f.jpg


20170703003413ea0.jpg

この緑は「東北新幹線」
これも、開業して割とすぐに乗った。
仙台まで行った事がある。
19歳になる年だったと思う。

2017070300342330a.jpg

開業昭和57年だって。
間違いない。
19歳になる年だわ(笑)
じゃ、開業した年に乗ったんだ!
これは自分でもびっくり。
すぐに流行に食いつくタイプじゃないはずなんだけど 

20170703003433983.jpg

車内にも入ってみた。

20170703003442d8f.jpg

顔も撮る。

20170703003452aac.jpg

で、これは東海道新幹線。

201707030101415b5.jpg

これも懐かしい~
関東でこのコンテナの上に雪が乗っているのを見かけると、いつも田舎を思い出していました。

ホワイトヒルズに住みだした頃、これの通過を見た時凄く驚いた。
「なんてド田舎に来てしまったんだ!」って最初思ったわ。

20170703010242fbd.jpg

これ、これ。
これもちょー懐かしい。
ただ…子どもの頃の私は、この車体を見ると、少しおえっとなっていた。
昔、青函連絡船がすごく苦手で「乗ると必ず吐く」って思い込んでいた。
一回、トイレまで間に合わなくて直前で吐き散らかした事があるのだ。
確か小1位。
父が後片付けしていた(爆)
その記憶が恐怖として残っていて、正直言うと昔は「寝台列車=嘔吐」だったのだ。
電車の中の臭いも今よりずっとキツかったし。・
もしかしたらタバコ臭かもしれない。
あの頃は、長距離列車は喫煙列車だったから。
受動喫煙とかお構いなしでしたね。

20170703010154fe4.jpg

ちなみに、私がいつも乗っていた寝台列車は、「ひばり」でも「あいづ」でもない。
全く記憶になかったので、に「上野→青森を走った寝台列車ってなんて名前なの?」って聞いたら「ゆうづる」だと即答された(爆)
ほんとか?と思って調べたら本当だった。
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
で、ゆうづるは、ラインが青だった事がわかった。

20170703010205552.jpg

寝台列車の中です。
入ることが出来なかったので、外から撮影。
まさに、こんな感じ。
これは、ベッドになる前。

2017070301021674b.jpg

で、ベッドになるとこうなる。
3段で、一番上はかなり高い。
小学生の頃、1回だけ3段目に寝たことがあるんだけど…梯子から落ちたことがある。
大した怪我はしなかったんだけど、膝を強打した記憶がある。
今でも、3段目に私を寝かせた母を恨んでいます…(自爆)
私だったら、히나を絶対に3段目になんて寝かせないし。
この寝台、2段目が一番良い。
天井が高い。
けど、1段目と3段目は天井も狭い。
なので、3段目は一番酷いです。

20170703010322feb.jpg

で、これが皆が寝静まった状態(笑)
場所を間違えて他人に開けられる事がある。
私は知らないおっさんに開けられたことがある。

2017070301030002a.jpg

ブルートレイン。
これにも何度か乗った事があるなぁ。
「あさかぜ」じゃなかったと思うけど。

20170703010332805.jpg


2017070301042376a.jpg

なるほど…そういう事だったのか。

20170703013210dc7.jpg

懐かしいな。
この車体。
検見川利用だったので、黄色い総武線に乗っていた。

20170703013222eba.jpg

20170703013241224.jpg

膝が絶対にぶつかると思う。

201707030132500e3.jpg

20170703013300e5d.jpg

20170703013307488.jpg

20170703013315d60.jpg

イイね。
鉄旅したくなるわ。

201707030133263c5.jpg

2017070301333398c.jpg

201707030133439f8.jpg

20170703014727181.jpg

20170703014741d4e.jpg

館内をぶらぶらして…

201707030147512a8.jpg

3階の新幹線ラウンジと言う所に上がってみた。
ら、ただの休憩所。
テーブルと椅子が沢山あって、自販機だけしかなかった。
が、窓の外は新幹線の線路が目前にあった。
そして、写真付きの時刻表。
この時間にはどの新幹線が通るって事が表示されている。

20170703014801487.jpg

ちょっと盛り上がって、一番近い時間に来る新幹線を待ったら、来た!!
でも、ちょっと微妙な感じ。
縁が高くて、顔がちゃんと写らんではないか!

2017070301481175d.jpg

で、屋上のパノラマデッキにも行ってみたら…
こっちの方が良いじゃないか!!

ちょっと…ここ、萌えです。
平日のお天気の良い日に暇つぶしに行くと楽しいかも。
あくまでも鉄好きの人へのおススメですが。

2017070301481973d.jpg

こまちとの連結まで撮れたし 

2017070301482884e.jpg

帰りは、徒歩で大宮まで行きました。
鉄道博物館から大宮までの道は、車で大宮に行く時の通り道だし、真っすぐなので迷う事は無い。
けど、結構遠かった(笑)
ただ、ブラタモリでもやっていたけど、工場横をずっと歩いて行くし、壁にずっと鉄道の歴史の写真が飾ってあるので飽きることは無かったです。
かなり空腹だったので、お寿司(回る)を食べて帰りました。

20170703014836637.jpg

鉄道博物館では、「ゆうづる」のチャームを買って帰って来ました(^^♪

本当に楽しかった。

最後に…ブラタモリでいつもの断層の話が出るか楽しみにしていました(自爆)
ま、大宮なので無いかと思ってはいたけど…
しかし、断層とまではいかなかったけど、ちゃんといつもの地学的なお話もありました。
「大宮台地」の話(笑)
勿論、は知っていました。
埼玉県の小学生は全員知っている筈なのだと。
小学校で習うんですって。
それじゃ、私は知るわけないわ(笑)
それから、히나の大学の先生が最初から最後まで大宮の説明に付き添っていました(笑)
히나に「あの先生知っている?」って聞いたら「しらね」と言われた…(-"-)
関わって居なければ、そんなもんなんでしょうね…

ブラタモリ 「#77 なぜ大宮は鉄道の町になったのか?」

ところで…教授の事をググっていたら、히나の学校爆破予告されていたのね 
全然知らなかったわ。
スポンサーサイト
最終更新日2017-07-03
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply