Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

2016072601532499e.jpeg
【あともう少し使わないとならないiPhone5s(シャンパンゴールド)】


前回の機種変は、2014/06/23…
頑張って2年持たせた。
本当は、半年前位からバッテリーが死にかけていた。
けど、前回の機種変事情よりははるかにマシで、今度こそ秋には出るであろう新作をゲットするつもりでいたのだが…

充電器に頼りきっていた。
家にいる時は充電したままでいられるけど、ちょっと外に出て1枚写真を撮っただけでいきなり60%になり、40%になり、12%になり…危篤状態。
慌てて充電器につなげて息を吹き返す。
これに気づかず、一瞬でも0%にしたら…
充電しても復活に数時間かかる。
つきっきりの完全看護をしていないととんでもない事になる。
それでもなんとか命を繋いでいるのだが、iCloudへのバックアップはWi-Fiでなんとか出来ているのに、へのバックアップが出来なくなった。
iTuneに認識されなくなってしまった

あと少しなのに…もう少し持たないか…と頑張って来たけど諦めました。
せっかくショネルのケースを買ったばっかりなのに。

で、機種変の為にショップに行ったら…
ハッキリしない男子の接客を受けてしまった。
ボソボソと喋るし、質問にちゃんと答えられないし、売る気ゼロの男子。
最近の子って…(この言葉だけは言いたくなかったのに)
本当につまらない。
明るくにこやかにしろとまでは言わないけど、ちゃんと接客をして欲しい。
払い終わった途端にソフトバンクから更新のハガキが来ていたので、そのハガキを持って手続きがスムーズに出来るように準備をしていったのに、とにかくトロイ。
ハガキを見せても反応しないし…
「新機種にしませんか?」って言ってきたのはそっちなのに、あの対応にはガッカリ。

今回、私の老眼も進んでいる事もあって、画面の大きい「iPhone6s PLUS」を希望した。
「色は?」と聞かれたので「ピンク」と言った。
一応希望は伝えた。
でも、ピンクが無かったらなんでも良かった。
どうせカバーかけちゃうから。
すると、ピンクはおろか在庫切れだと。
ま、それは仕方がない。
急に行ったわけだし。
で、2週間以上かかると言われた。
あ、そうっすか…
もう、文句を言う気力も失せた。
「この子の接客を受けた私のタイミングが悪いのがいけなかったんだ…」と思って諦めた。
素直に、予約票に名前と電話番号を書き、いつ届くかわからない携帯を待つことになった。

どうしてこんな事を思ったのかと言うと…
やはり2年前に、히나のiPhoneの機種変を福岡でやった時の事。
最初、博多駅のソフトバンクに行ったら、やはり希望色の在庫が無かった。
히나は私と違って拘りがあるから、その色じゃないと嫌だとごねた。
すると、博多駅の店員は近隣のソフトバンクショップに電話をしてくれて「天神」のソフトバンクショップに在庫があることを調べてくれた。
これこそが接客だと思う。
今日の彼は残念すぎた。
私はごねこそはしなかったったけど、ダメ元で「他のショップにも在庫は無いの?」って聞いてみた。
ら、「さぁ?他のショップの事はわかりません」と答えた。
そりゃそうだよね。
それは当然。
けど、調べる事は出来るんじゃないかなぁ?
私の行ったショップは他にお客が居なくガラガラだったので、それくらいの余裕はあったはず。

この彼の気配りの無さはハンパなくて、予約票を持ってきた時にどこを押せば芯が出てくるのかわからないようなボールペンを芯を出さずに渡して来た(爆)
普通、お客様に書類を書いてもらう時って、ボールペンの芯を出して渡さない?(笑)
いつもなら、この程度の事スルー出来るんだけど…このボールペンがマジでどこを押して芯を出すのかがわからなかった
名前と電話番号を書いて、彼に書類を渡したら…
黙って私の前に立っているのも謎。
普通なら、それで手続きが終わったのなら「それでは、商品が届き次第ご連絡差し上げます」とか一言いうじゃん。
それが何にも言わずにぼーーーーーーっと立ってるの。
私は「え?これで手続きは終わったの?それともまだ何か?」って気になったが、なんか気まずい雰囲気をあの子が臭わせているので、「あ、これで帰っていいのね」と思って立ち上がったら、やっと「ありがとうございました」とだけ言われた。

(-ω-;)ウーン
ウチの子もゆとり世代ではあるけど…ここまで分かりづらくないんだけど。
スポンサーサイト
最終更新日2016-07-26
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply