Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

mai130218.jpg

(ノ・ω・)ノオオオォォォ-残り10話だぁ~

【あらすじ】
「私の命を懸けて…」チェ・ヒョンウクを推薦するミョンファンですが…
コ・ジュマンの時から何から「命を懸ける」って言葉を言えば納得する朝鮮時代が良くわかりません…
それ位重い言葉だったのかもしれないけど…少なくともミョンファンの「命がけ」に関してはかなり危ういイメージ。
嘘つきだし、上手くいかないと人のせいにして逃げるし。
ミョンファンの「命がけ」は我々の小学生の頃の「ウソじゃないもん!命かけるもん!」ってのに近いものを感じる。
だって…「命かける」って言いながらいつも目が泳いでいるし。
そして、とうとうチェ・ヒョンウクが宮中にやって来ます。
クァンヒョンは、幼い世子に使うには強すぎる薬材の代替品を模索中。

相変わらず、大妃は王様に余計な事を言っています。
「忘れたのですか?ぺク医官はコ・ジュマン殿を死なせたのですよ」と…
でも…だからって会ったこともない怪しい町医者に見せるのもどうかと思うんだけど…世子だぜぇ~
「ただの町医者じゃない、首医が認める医者だ」「ぺク医官の知らない治療法を知っている」って言う大妃だが、何を根拠に?
それに…首医が認めるってのが一番怪しいって事を、お茶の間の皆さんが全員知っている(爆)
ここ、見ながら「アイゴ~💢」って騒ぐところ。

東宮殿(世子の住まい)の前で、クァンヒョンとチェ・ヒョンウクが各々の世子を救う薬材言い当て合戦をしています。
自信満々のチェ・ヒョンウクでしたが、バカにしていたクァンヒョンが薬材を言い当てたので、驚愕します。

生きたカエルが沢山集められ…蒸されています。
これが、クァンヒョンの答えでした。
毒性が強いが、焼いて灰にすると毒性が弱まり、世子の病に使う殺菌作用に優れているとか…
結果、同じ処方なら…とクァンヒョンが王様から治療を任されます。
が、クァンヒョンは効果が同じなら、時が惜しいからと、チェ・ヒョンウクが処方した方の薬を使います。
そして…バカなミョンファン一味は、チェ・ヒョンウクの薬を使うと聞いて…何故か喜ぶ。
恥ずかしい奴らだ…
しかし、チェ・ヒョンウクは医師のプライドが傷つけられた様子。(こいつの方がまともに見えて来た)
そして、世子の容体は安定しました。

そして、一部の医官と医女は「チェ医師の薬を使ったのだから、本当はチェ医師の手柄では?」と噂中。
どうしてそうなる?(笑)
処方が一緒だって事は聞いていないのか?
アイゴ~~~~
テジュもテマンも「クァンヒョンの手柄なのに皆どうかしている」って怒っています。
(((uдu*)ゥンゥン
そして、すっかりプライドを傷つけられた、チェ・ヒョンウクの敵意はサアム道人からクァンヒョンに移ります。

外科手術をしても大丈夫だと知った、民が治腫院に戻って来ました。
そこへ、チニョンを訪ねて王女様とウンソが現れます。
何かサプライズがある様子で、2人で顔を見合わせて笑っています。
2人はチニョンを町に連れ出し、花嫁衣裳を選びます。
チニョンが驚いて、「そんな事一人では決められない」と慌てると、王女様は「幾つだと思っている?既に高齢出産だぞ」と言うし、ウンソは「出遅れている」と言う…
そ…そんな…計算すると…20歳で恵民署を追い出されて3年間清国に居て…だから、23でしょ?
チニョンはクァンヒョンと同じ歳だから23歳。
もし、私の知らぬ間に朝鮮に戻って来てから2年位過ぎていたとしても(爆)25歳くらいの計算よ。
高齢出産?出遅れ?
ショックだなぁ~~~

ソンハは、トゥシクから王女様とウンソがチニョンの婚礼の準備を進めている話を聞きます。
勿論、暗い顔のソンハ。
しかし…ソンハは、2人の身分がすり替わっていることを知っているので…それだけは認められません。
そして、トゥシクにそのことを話せないので、ソンハもトゥシクもとてももどかしい雰囲気です。
その足で、ソンハはウンソの所へ行き、「王女様をお止め下さい」と頼みます。
王女様は、夜なのにまだ一人(カク尚宮&マ武官を引き連れて)でチニョンの婚礼の準備の買い物をしています。
その時、恐ろしく咳き込んでいる行き倒れの男に遭遇して助けます。

教授の顔を見て、医女達が一斉にクスクスと笑い出します。
何やら、カヨンに惚れていると言う噂がある様子で、からかわれます。
怒った教授はカヨンを探し回ります。
テジュとテマンと一緒に居たカヨンは、「教授が私に求婚する勢い」だと話しています。
驚くテジュ。
そして、テマンも「正気とは思えないが、口説いていたのは事実だ」と口添えをするから、テジュは完全に誤解します(爆)
カヨンは「悩んでいる」と言います。
すると、テマンが「何を悩むんだ?教授の嫁になる気か?」と言います…(この人…いい塩梅で誤解を増長させてくれるぜ
カヨンが、「マヌケ1(テマン)、マヌケ2(テジュ)!正気か?誰がマヌケ3(教授)に嫁ぐか! あいつはタイプじゃない!」と否定すると、何故かホッと胸をなでおろすテジュ(爆)
そこへ教授の気配を感じて、カヨンは「私を探しに来た!」と隠れます。

マ3 「おい!ソ・ガヨンはどこだ?」
マ1 「……本当に探している…」とつぶやく。
マ2 「教授様!!!💢」「慎むべきでは?💢」
マ3 「慎む?何をだ?」
マ2 「医官が医女を口説くとは💢」
マ3 「口説く?」
マ2 「ソ・ガヨン医女に限らず、医女を侮るなど、同じ医官として断じて見過ごせません💢」
教授はめまいがします(爆)
そこへ、別の医女が教授を呼びに来た為に、誤解を解く間もなく…
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

チェ・ヒョンウクが恵民署に現れ、ざわついています。
ミョンファンが、医官に推薦したようです。
クァンヒョンに闘いを挑むようですね。

そして、武橋湯飯では料理が遅いと客が騒いでいます。
料理は出ているのに、給仕の男(マルボク)が何故か運んでいません。
料理長と女将が叱ると、マルボクはふらふらで…倒れてしまいます。
マルボクの首には発疹が出ていて、痙攣をしています。
「痘瘡(天然痘)じゃないか?」と料理長と女将は慌てます。
痘瘡の患者が店に居ると、客たちが逃げまどっている所にキベおじさんとチャボクが行き、キベおじさんがマルボクを背負い、恵民署へ行きます。
その頃、王女様が運んできた行き倒れの男も痘瘡でした。
更に、続々と痘瘡の患者が運び込まれ…都に痘瘡が広がっているようです。
痘瘡の広がりを受け、都の門は全て閉鎖され、都から外に出ることが禁じられました。
重臣のくせに兵曹判書が…出ようとしているし…
「宮中に行く」とか言っているけど…閉鎖しているのは、ソンハとトゥシクで2人とも頑として兵曹判書を通さないし…
つまり…本当に宮中に行くんだか…怪しいもんだって事だよね?(笑)
2人とも物凄い鋭い目で兵曹判書を睨みつけているし

医官や医女にも感染者が…
王女の連れて来た患者からの感染です。
王女様が危ない!!!と思ったクァンヒョンは、急いで王女様の様子を伺いに行きます。
王女様…まだ誰も気づいていないけど…目の下にくまは出来ているし、顔色は最悪だし、唇の色も無いし…
クァンヒョンが駆けつけると、王女様の部屋から何かが割れる物音がします。
慌てて部屋に入ると、王女様が倒れています
そして、クァンヒョンの胸に倒れ込みます…
(不謹慎だけど…きゃ~っ

【感想】
痘瘡にかかった事があると…伝染しないの?
え?水疱瘡みたいなものなのかい?
カヨンともう一人の医女が痘瘡にかかった事があるからって、インジュが「2人は安全だから重症患者の担当を」って指示していたけど…安全なんだ。
安全って事はもうかからないって事よね?
でも…天然痘って言えば…恐ろしい伝染病のイメージだし。
今は根絶したと言われているけど、水疱瘡とは絶対に違うよね?
けど…1回かかった人は安全ってのは初耳でしたわ。
スポンサーサイト
最終更新日2016-07-08
Posted by

Comments 4

There are no comments yet.
みゆ  
ナップンおやじ

ミョンファンの膝崩れの演技も笑えるけれど、目が泳ぐ演技も抜群ね(爆)
あと、上目遣いもするよね(笑)

天然痘って、ベルサイユのバラでの印象が強い。
絶対治らない病気だと思ってた。
免疫出来るなら、水疱瘡?
ワクチンがあるくらいだから、昔は命を落とす病気だったんだろうね。

2016/07/08 (Fri) 17:28 | EDIT | REPLY |   
ユカ☆  
Re: ナップンおやじ

> ミョンファンの膝崩れの演技も笑えるけれど、目が泳ぐ演技も抜群ね(爆)

さすがベテランよね( ̄ー ̄)ニヤリ

> あと、上目遣いもするよね(笑)

嫌いなんだけど、あまりにおかしいからちょっと可愛く見える時があるの。
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

天然痘って、ベルサイユの薔薇では、不治の病だったと思うよ~~
カヨンもかかった事があるらしいし、怖い病気ではあったかもだけどインジュの聞き方だと「水疱瘡にかかったことある?」位に聞こえちゃったわ。

2016/07/08 (Fri) 21:13 | EDIT | REPLY |   
みゆ  
No title

書き方おかしかった。
スマホで書くと、どうも言葉足らず。
ベルサイユの薔薇で不治の病って刷り込まれているから(笑)、免疫出来るのはやっぱり水ぼうそうに思えちゃう。
昔は水ぼうそうも不治の病だったのかなぁと思った。
幼い世子は、はしかで亡くなるよね。
今は予防接種があるから、かからないで済む病気が多くなってきたよね。

ナップンおやじミョンファンの、左議領の後ろから上目遣いで見るっていう演技が笑える。
たまに後ろに隠れてたよね。

マヌケ3も頑張ってマヌケな演技しているよね。
善徳女王では威厳ある役だったのに、演技の幅を広げようとしているんだろうね。

2016/07/08 (Fri) 21:45 | EDIT | REPLY |   
ユカ☆  
Re: No title

はしかや水疱瘡等の法定伝染病は、昔は死んだ人も居るだろうね。
そう言えば…私の同級生の妹は風疹で亡くなったよ。
70年代でもそういう事があったし、今だって運が悪いとあり得るかもね💦

> 今は予防接種があるから、かからないで済む病気が多くなってきたよね。

ところで…60年代生まれの私でさえはしかの予防接種を受けていて、母曰く「半永久的免疫」との事。
半ってのが超怪しいんだけど…(笑)
で、実際はしかにはかかっていないのよ。
水疱瘡とおたふくと風疹はやった。
私の頃は、水疱瘡やおたふくの予防接種なんて聞いたことが無かったなぁ~
風疹も私が中2の時にひとつ上の先輩たちが受けるようになったの。
私は中1で風疹にかかったから、受けないで済んだ。
けど、かかっていない子たちはたしか、中3で受けていたと思う。

で、히나の時に予防接種の数が多くてびっくりしたよ。
はしかと風疹は早いうちに受けたから、히나はやっぱりかかっていない。
けど、水疱瘡とおたふくは予防接種を受ける前にかかっちゃった。
全部園で貰って来た。
どの病(爆)もすぐ直ったけどね。

> ナップンおやじミョンファンの、左議領の後ろから上目遣いで見るっていう演技が笑える。

そそ。
ミョンファンって、隠れキャラだよね。
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
情けなさすぎだよ。

> 善徳女王では威厳ある役だったのに、演技の幅を広げようとしているんだろうね。

マヌケ2と3は善徳女王に出ていたよね。
テジュは花郎じゃなかったっけ?教授も?
随分前に見たからちょっと忘れた。
そう言えば善徳女王…始まるね…見直そうかな…いや…無いな…善徳女王も長すぎ!

2016/07/08 (Fri) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply