Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

38_1.jpg

【あらすじ】
外では、楽しそうに凧揚げをしたり、雪合戦をしている子どもたちが遊んでいます。
雪の中におかしな紐を見つけた子どもが引っ張ると、その先には死体が…
通報を受け、現場に向かうトゥシク。
その死体は腹が裂かれていて、内臓が無くなっていました。

恵民署では、テジュの診ている患者が亡くなります。
既に亡くなった患者に鍼を打ってでもなんとか生き返らせようとするテジュですが、クァンヒョンが手遅れだと止めます。
クァンヒョンとテマンでテジュを慰めますが、テジュは自信を失くしてしまいます。

王女様はウンソを巻き込んで、クァンヒョンとチニョンを結婚させようとしています。
「ぺク医官が幾ら良民に身分が上がったとは言え、チニョンお嬢様とは相当な差が…」と言うと、王女様は、「もし、チニョンがダメだと言うのなら、私がぺク医官と駆け落ちをしてでも…」と言う(笑)
王女様好きだなぁ~
正直言うと…そのパターンもちょっと見てみたいような気もする

ミョンファンは、あんなに可愛がっていたチニョンを利用してでもクァンヒョンを陥れようと、何かを企んでいる様子です。
やっぱり…チニョンへの愛情なんて一欠けらも無いのね…💢
全てトジュンの家門を懐に入れる為だけだったって事なのね…今更だけど、人として恥ずかしくないのかしら?

そして…クァンヒョンがどうしたのだろうか?腕に異変を感じ、3~4日の休暇願いをシン医官に申し出ます。
その後武橋湯飯へ行き、料理長にネネちゃんのママの作るようなしつこいお味(脂っこい)の料理をお願いして、油の瓶も貰います。

解剖男は、死体の引き取りの僧侶と偽っている様子。
そして、どうやらサアム道人の知る男のようです。

その頃、世子様がご病気で、首医のミョンファンが診ています。
もう3カ月も診ているらしいが、一向良くならないらしい。
そりゃ…ミョンファンだし。
何度も薬を変えていて、又変えようとしているミョンファンに、王様が怒ります。
「またか!!!」って。
王様はミョンファンに不信感しかありません。

チニョンにも行先を告げずにいなくなったクァンヒョンを探しに行くチニョンです。
カヨンは知っていたようで、居所を聞いて尋ねて行くと、庭先には酒があり、食い残しの物があったりと、ちょっとだらしない雰囲気の場所。
そして、体調が悪そうなクァンヒョンを見つけます。
熱があり、腫気も出来ている。
部屋にある、脂っこい食べ物も見つけて、「まさか、わざと?」と言うチニョン。
クァンヒョンは、油と酒と寒さで悪化する腫気をわざと自分の身体で試し、治療法を見出そうとしているようです。
チニョンに無理矢理、恵民署へ連れ戻されるクァンヒョンですが、その途端に王命を受けます。
「世子の病を治せ」とな。
世子の治療が、ミョンファンからクァンヒョンになり、又しても狼狽えるミョンファンです。

体調が万全ではないクァンヒョンですが、世子の治療を先に行い、その後でテジュに自分の治療をしてもらうと言って聞かないクァンヒョンにチニョンやテマン、テジュも困り果てています。
テジュは自信がありません。
しかし、クァンヒョンが「お前なら出来る」と言い張ります。
そして、大妃は…外科手術をまだ認められなく、クァンヒョンも認めていません。(面倒lくさっ
しかし、今回は王様も大妃に譲れない様子です。

世子様の手術チーム(チームホランイ)に…ハドン(爆)も入ります。
あ、ここでの役名ではありません。
旧ホジュンの時の役名です。
あの人は医女長より下の位の医女かなぁ?
イ・ビョンフン監督作の常連さんです。

シン医官を責めに行くミョンファンです。
「あんな下っ端医官に世子様の治療を任せるなんて!」ってえらく怒鳴るんだけど…王命だもんねぇ~(笑)
で、シン医官のカッコいい姿を初めて見た!!
ホジュンから長年見て来たけど、あんな男前の彼を初めて見た!
「お言葉ですが、下っ端に任される前に首医様が治せば良かったのでは?」って言いました。
その通りだぜ!

シン医官にまで言い返せないで引き下がるクソミョンファンに、解剖男が近づきます。
いきなり失礼な事を言って近づきますが、的を射ている上に、クァンヒョンの弱点を知るかのように言うので…一応偉そうに反論するけど…結局は吸い寄せられるように話を聞き、奴の事が気になってたまらないミョンファンです。

チームホランイの手術が始まりました。
可愛い世子のほっぺにメスが入り、かなりえぐられています…
手術は成功したのですが、止血剤を使ってもなかなか血が止まりません。
溢れてくる血で騒ぎになります。

そして…解剖男の予言通りになり、世子様の出血がなかなか止まりません。

【新しい登場人物】
 チェ・ヒョンウク : ユン・ジノ(サアム道人の元弟子 解剖男)
 チェ・ガビ : イ・スク(ベテラン医女)
スポンサーサイト
最終更新日2016-07-06
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply