Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

34_2.jpg

【あらすじ】
クァンヒョンに続いて、サアム道人とカヨンも朝鮮入りしました。
カヨンは、朝鮮での焼き肉(プルコギ)をとても楽しみにしています
清国の皇帝からの勅書があるから、クァンヒョンがさぞかし立派なお屋敷に住んでいるであろうし、自分も贅沢が出来ると思って喜んでいます。
毎食焼き肉を食べるつもりのようです。

チニョンの作った、治腫院は行列が出来ています。
チャボンとキベおじさんは、行列を作る患者さんたちの整列要員でお手伝いをしています。
医者は、チニョン、インジュ、シン医官の3人しか居ない様子で…人手が全く足りていません。
が、テジュとテマンも恵民署の仕事の後にお手伝いをしているみたいですが、それでも到底追いつかない状態です。
そして、恵民署&施療庁は、貧しい患者を診ないばかりか、名声の為に重病患者は受け入れない医院に成り下がった模様。
王様…なんで何にも手を打たないのかしら?

恵民署では…テマンとテジュが問診をしていますが…
テマンが、重病の患者に「施療庁」をすすめると、教授が怒ります。
「あんな身なりの者が施療庁の治療代を払えるか?」と…💢
「余計な事をしないで、患者に金があるかないかを見極めろ」と言います。
酷すぎだ。
そして、テマンとテジュは断った患者に詫びを入れ、治腫院を勧めます。

キベおじさんは、クァンヒョンが道に迷わないようにと、夜通しロウソクを灯していました。
「おかしいな…ロウソクが減っていない」と言って、又つけたままにして部屋に戻ると…
ロウソクを消す男が…
クァンヒョンでした。
「俺のために高価なロウソクを毎晩…」と心配して、夜な夜な消しているようです。

クァンヒョンの朝鮮での家を見て、豪邸じゃないからがっかりするカヨンです(笑)
着いて最初の食事も…肉は無し。
でも、5種類もあるパンチャンに、汁物に、ご飯。
凄いじゃん!
クァンヒョンが作ったのかしら?

クァンヒョンが、勅書を利用しないで、未だに姿を潜めているのには理由があります。
朝鮮に戻って来て、恵民署の実態を知った為でした。
まずは、事を順序立てて、ミョンファンの間違いを正してから正体を明かすために、少しずつ行動を起こしていました。
恵民署、施療庁に追い出された、重病の民の治療をしています。

その頃、宮中に前右議政だった「オ・ギュテ」が施療庁に来ていました。
王様は、オ・ギュテをコ・ジュマン位信頼している様子です。
死なせたら大変だわ
オ・ギュテは、「脱疽(ダッソ)」と言う、血流障害で手足が壊死する病にかかっていました。
疽のつく病はミョンファンには治せないもんね。
あっさりとさじを投げます。
が、オ・ギュテの息子は諦めきれません。
そんな時、クァンヒョンに足を治してもらって、軽やかにランニングマンが出来る程回復した男の事を知り、話を聞きに行きます。

カヨンは、施療庁を追い出された病人の勧誘をし、クァンヒョンがその人たちを治療してじわじわとミョンファンに近づいています。
チニョンたちの耳にも噂が伝わってきました。
そこへ、キベおじさんとチャボンがやってきます。
薬契のお仕事です。
そして、どうやら…ウンソ兄が薬契の取り締まりをしていて…そこにソンハが通りかかり…
「何かあったのか?」と聞くと、ウンソ兄はソンハにぺろっと「今夜、薬契の会合があるようで、捕らえに行くのだ」と言います。
いつもはソンハの耳に入っていたのに、今回は聞いていなかったから、ヨンダルへ情報を流していなかったわけで…
ソンハは慌てて戻ります。
そして、クァンヒョンは偶然、ソンハのただならない様子を見て、後をつけます。
文系なのに刀とか持っているし…

ヨンダルが薬の取引をしている所へ兵が向かっています。
捕まる寸前の所へソンハが駆けつけ、ヨンダルたちを逃がそうとしている所を兵が突入しようとしています。
それを見たクァンヒョンは…火を起こし、目を背けさせ、ソンハはヨンダルを連れて逃げますが、追われます。
そして、ヨンダルだけを逃がして、自分は素顔のままで兵に立ち向かいます。
そこそこ強いんだけど…1対4なので…胸を斬られてしまいます
顔が無事なのが幸い…(自爆)
ソンハに止めを刺そうとする兵士に、影で見ていたクァンヒョンが助けに入ります。
クァンヒョンもあまり強い方じゃないんだけど…なんか、うまい具合にツボにハマったようで奴らを倒す事が出来て、ソンハを救出して、応急処置を施します。
そして、探しに来たチニョンに見つけられ、ソンハは治腫院へ運ばれます。(´▽`) ホッ
しかし、血まみれソンハは見たくなかったぜ。
文系なのに…(爆)

翌日、クァンヒョンはカヨンに「歩く彫刻」の容体を探って欲しいと頼みます。
カヨンは「彫刻に傷がついたのか?」「まさかあの完璧な顔に?」と慌てます。
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
そこへ、オ・ギュテの息子が現れ、クァンヒョンに父の治療を依頼します。

ミョンファンからさじを投げられた、オ・ギュテの病気でしたが、クァンヒョンは「治ります」と断言します。
但し、それは外科手術を受け、足を切断する方法でした。

【新しい登場人物】
 オ・ギュテ : キム・ホヨン(前右議政で、多分領議政になる)

【感想】
清国では電髪(爆)だったクァンヒョンが、朝鮮ではストパーかけた?
清国では髪の癖がすごくて気になっていたんだけど、癖が全然無くなったから、又気になるわぁ~💦

ところで…「食事中避け編」の表記…次の回までお休みです。
次の回は最強ですから
もう、痛キモはどの回にも当てはまるんだけど…私がなんか、慣れてきてしまった。(爆)
毎回、毎回外科手術をして、血まみれの謎な物体を体の中から取り出しているんですもの

あと…「シン医官」ですが、ホジュン、チャングム、イサン、トンイと、イ・ビョンフン監督作の常連さんで、初めて見たのはチャングム。
今、チャングムもちょっと見ちゃっているんだけど…長官様の時の方がオッサンぽいのよ。
で、イサンだったか?トンイだったかは忘れたけど…激痩せしちゃっていたから、「え…?病気じゃないよね?」って心配していたんだけど、なんのなんの。
馬医では肌艶良くて、ちょっと若返ったくらいです(爆)
何があったんだろう?

最後に…「足切断」
時代も時代だから受け入れがたいけど…今の時代を生きている私も…嫌だな…って思っちゃいました。
怖すぎです。
痛いの我慢して隠しちゃいそう。
そして、自分なら治療も受けないでそのまま死んでしまいそうですわ
スポンサーサイト
最終更新日2016-06-25
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
みゆ  

足の色を見て、糖尿病による壊疽ね、足を切るしかないわね、と私も診断(爆)したわ。
でも、輸血しなくて、大丈夫なのかしら?
そもそも、足を切っても、血が止まる理由がよくわからない。
血管て繋がってないの?
おバカな発言かしら?
ソンハと同じ文系(爆)なんで、よくわからない。

シン医官、老けないね〜。
韓国のハラボジ俳優は、みんな老けないね

2016/06/26 (Sun) 18:03 | EDIT | REPLY |   
ユカ☆  
Re: タイトルなし

輸血必要だろうねぇ(笑)
相当な出血だと思うよ~💦
でも、血液型とかってどうやって調べたのかなぁ?
仁みたいに現代から過去へタイムスリップしたなら、何かを代用して血液型を調べたり、止血したり、輸血したりできると思うけど…よくわかんないや。
止血は鍼か?
凄いね鍼って。

2016/06/26 (Sun) 19:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply