Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

6206c4626881eb0697fba7fb35834b5e.jpg

【あらすじ】
クァンヒョンを殺す気満々のカン武官です…
ダメ人間ですね…あんたに害があったわけじゃないのに、子どもの頃仕留め損ねたから…拘っているのかなぁ?
もう、ミョンファンの指図ってより、カン武官の意地にしか思えないほど執拗。

そして、コ・ジュマンは…体の異変を感じています。

クァンヒョンが何者かに連れ去られた事を聞いた料理長が慌てて来ると、チニョンが居ました。
そして、チニョンはクァンヒョンの事を料理長に問い詰め…チニョンは、幼いころに出会ったクァンヒョンと、ぺク医生が同一人物だと確信します。
(チェボンと、料理長のキョドリ方が絶妙で笑えた…まるで関根勤の宇津井健)

インジュの雇われ男と、クァンヒョンの話で、チニョンがトジュンの子じゃないとわかったミョンファンは狼狽えます。
で…おかしいのが、カン武官が、ミョンファンに「ご決断を。 このまま奴を生かせておけば旦那様もお嬢様も破滅です」と言うのだ…
(-ω-;)ウーン
やっぱ…親友を殺してしまった…その子どもを守るのがせめてもの償い…じゃなかったんだな。
マジ保身の為だったって事だね。
純粋に親友を思うなら…クァンヒョンを殺そうなんて思うはずないし。
本当に…こいつらって…反省しないのね

クァンヒョンが拉致された事を、捕盗庁に訴えるチニョン。
捜索をする中、先に動いていたのがソンハ率いる裏軍隊です。
裏軍隊なので、クァンヒョンは逃がされるけど…助けてもらったわけではなく、命からがら逃げられた感じ。
途中、山の中で気絶してしまいます。
倒れているクァンヒョンを偶然チニョンが見つけて恵民署へ運び、一命はとりとめます。

そして、カン武官はソンハに捕らえられました。
ソンハは捕らえたカン武官をミョンファンに差し出します。
そして、このまま捕盗庁に突き出しますが、その前に父上から話を聞きたいと…
チニョンがトジュンの娘じゃなかった事、クァンヒョンがトジュンの息子だった事を聞き…心が揺れるソンハです。
ソンハは、父の罪を暴く正義感があっても、チニョンが辛い想いをするのは避けたいようです。
しかし…この時に流したソンハの涙が…

クァンヒョンは、料理長からチニョンがヨンダルだと聞き…呆然とします。
そして、チニョンを探します。
橋の上で、思い出の草鞋を持って立つチニョンとクァンヒョンは、やっと会えた想いをぶつけ、固く抱き合います。

クァンヒョンが襲われた事を知った、コ・ジュマンは…
「ミョンファン…結局そういう選択をしたか…」と、重い身体にムチを打ち、王様に会いに行きます。
クァンヒョンを守るために、「自分はもう余命が無いけど、それはあの子のせいじゃない」「あの子に罰を与えないで欲しい」と言いながら、王様の前で意識を失くしてしまいます。

クァンヒョンは、ミョンファンに会いに行きます。
「人殺し」とミョンファンに言うけど、逆に「お前が人殺しだ」と…
そして、背後で「首医様~」と悲鳴が聞こえます。

【感想】
あらすじに感想入れちゃっているので…
次からは必要ないですね(笑)

私…何気に子どもの頃のチニョン(ヨンダル)が好き。
可愛い子だし。
クァンヒョンにわらじを履かされている時の嬉しそうな顔の時に出るえくぼとか、とにかくこの子役が好きなのです。
ミスターキムにも出ていたね。
スポンサーサイト
最終更新日2016-06-15
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply