Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

2日目、朝食を食べに行きました。
とにかく、3度目とは言え…
と、言うか、3度目ってちょっとずーずーしくなるかも
調子こくって言うか…なんて言うか…
特に、一緒に行った相手が初ソウルだったりすると、余計知ったかぶったりして(爆)
正直、3回とも全くの不慣れでございました

当時のをそのままをこちらに引越して来ましたので…ずーずーしい、えらそうな発言をお許しください
って言っても…性格なので、なかなか治りませんが…(笑)
今でも似たような発言していると思います。
悪しからず…



【朝食】
img_1 (1)

パンチャン

img_2 (1)

ソルロンタン

朝食は、近場がベスト。
前日がホテルに到着したのも遅く、近場のお店でのサムギョプサルだったので、本当にどこも見て歩いていない。
目の前にあったセブンのみ?(笑)
本当は、お粥が食べたかったのだが…何故か「ソルロンタン屋」に入ってしまった。(自爆)
噂にも聞いていたし、ガイドブックにだっていっぱい載っているの。
ソルロンタン。
で、やはりキムチは食い放題で、ソルロンタンが出てくる前に来たのがこの山盛り…(-"-;)
でも…どんなに有名でも…これはちょっときつかったかな。
韓国では、二日酔いの朝に食すとか…あぁぁ~残念!
昨夜、もっと飲んでおけばこれの有り難味がわかったのかもしれない。
牛の内臓や骨からだしを取っているスープらしいが、「驚くほど臭みが無い」って…
あたしには臭く感じた。
けど、癖がないってばないかもしれない。


【起点】
img_3 (1)


「江邊(カンピョン)」
ここを起点に地下鉄の旅を続けた。

15年前は「蚕室(チャムシル)」が起点。
3年前は「市庁(シチョン)」が起点。
毎回違うけど、今回ほど地下鉄を乗りまくったのも初めて。
だって、今までは起点はそれぞれでも終点はミーハーな「明洞(ミョンドン)」だったから。
今回は、本当に色んな駅で降りて、相当乗り換えた。

ただ…히나노さんが居るので、またしても15年経っても大して変り映えの無い「ロッテワールド」に行ったので「蚕室」に行ってしまった。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
だって…「TDR」に行きたいとうるさいので、「何言っているの?今度ロッテワールドに行くのよっ!」とかなり騙したから…
でも、あれは全然騙されないな。
それにしても、4月2日は韓国の遠足デー?って位、高校生から幼稚園児までが遠足に来ていたぜ。

【ロッテワールド】
img_4 (1)


変ったと言えば…
3年前はクォン・サンウが絶大なる人気を誇っていた頃。
チョンソとテファのメリーゴーラント周りには写真が沢山あったし、壁画も「天国の階段」のそのままで残っていた。
が、既に全部撤去されていて、テファオッパの壁画は、縮小されて飾られていました。

【イカ焼き】
img_5 (1)

ロッテワールド内の売店で、ちょっと買ってみたんだけど、美味すぎ!!!
パッケージを観ればイカなのはわかるし、全く期待していなかったんだけど、まさかの美味。
これと焼酎したかったぜ!
どうやら屋台食らしいのだが、南大門市場、明洞、江邊、ソウルの屋台のどれを見てもイカ焼きは見つからなかった。(-"-;)
次は東大門市場の屋台を見に行かなくちゃ!

【昼食】
img_6 (1)

「サムゲタン」です。
ロッテワールド内の食堂で食べました。
鶏1羽の内臓をくりぬいたところに、もち米、高麗人参、棗、松の実、栗などが入れられ煮込まれたスープ。
美味いです。
体によさげで、かなりホットになります。

【成長と老い】
img_7.jpg

2005年1月 히나노(8歳 小2) ※可愛い…もう抱きついてなんてくれないし。

img_8.jpg

2008年4月 히나노(11歳 小6) ※4/2なので、まだ新学期じゃなかったけど6年生です(笑)

せっかくなので同じロケーションで撮ってみた。
下は、スケートリンクです。

【NANTA】
img_9.jpg



ロッテワールドを出て、パフォーマンス舞台「NANTA」を観に行きました。
初日の免税店引き回しの際に、添乗員さんにお願いして、チケットを取って頂きました。
韓国での初観劇なので、かなり楽しみだったんだけど…
行くまでめちゃくちゃ迷いました
歩きすぎて、途中で膝が痛くなってしまって…(思えばこの頃から膝が悪かったかもしれない)
一瞬諦めかけたけど、チケットも勿体ないので、あちこちで聞きながらなんとか辿り着きました。

キッチン道具をパーカッションに見立てて行うパフォーマンス。
韓国語がわからなくてもアクションがオーバーだし、喜劇なんで히나노でも理解できて爆笑していました。
小学生でも大丈夫でした。
大人でもあのテクニックには目を見張るものがあるので、1度は見てもいいかも♪

【チムジルバン】

ロッテワールドに行って、NANTAの後、外湯に…
こちらも、初チムジルバン♪
これが超楽しみでした。
しかし、理由は別にもありました。それは後ほど。

img_0 (1)


ここに辿り着くのも大変だった。
ソウル駅からすぐみたいに書いてあったけど…あれはすぐって言うのかなぁ?

シロアムサウナ


地図にある、ソウル駅前の大通りはかなりの大きさでした。
これを渡っても、なかなか見えなくて…
でも、少し中に入っていくと、坂の上の方に見えました。
NANTA劇場を探すよりは早く見つかったけど、坂道が結構急でした。

img_10.jpg

こんな画像を貼っている自分が情けない…

この日のお風呂は、チムジルバンす。
だって、東ソウルホテルのお風呂…
呪われそうだし、後ろからフレディやジェイソンが狙っていそうでうかうかしていられないんですもの。
チムジルバンとは、日本で言う「健康ランド」みたいなの。
でも、サウナも汗蒸幕なども含めて多数だし、時間があったら1日居たいくらい。
上の写真は「窯サウナ」岩盤浴みたいでした♪

【南大門】

img_11.jpg

この旅行に行く、直前の2月に焼失した世界遺産…
修復中で、囲われちゃって見えません。
放火犯を恨んだわ。
「どうしてくれるんだよっ!見学する場所がひとつ減ったじゃねーかっ!」

【夕食は庶民食】
チムジルバンを出て、南大門へ行き、江邊へ戻りました。
夕食を食べていなかったし、結構遅くなったしで、すぐ近くにあったのに、明洞には行かずに、急いで帰りました。
そして、夕食は又ホテル周り。
今思えば、どうしてチムジルバンで何かを食べなかったのだろう?
あ、ハングルがわからなかったからだな…

img_12.jpg

img_13.jpg


と、ハングルは読めない、喋れないくせに、またしても適当に入店。(笑)
日本語メニュー無し。
でも、なんとか写真で注文。

頼んでいない、「チゲ」のサービスがついたのだが、謎チゲ。
レバーの味噌チゲなのだ。
このレバーが怖いくらいに黒かった。
そして、かなり癖のあるお味。
でも、とりこになるお味。
メインが、ホルモン焼肉なのだが、このホルモンも癖になった。
又行きたいくらい。

キクが「昔から유카と旅行すると、ガイドブックに無いことが起こるのが相変わらずで得した気分になる。」だと。
(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり
偶然ですから。
そして、私たちは焼酎のストレートの味を覚えてしまった。

食後、セブンで焼酎を買って、部屋で晩酌したのは言うまでもない…
(現在の言いわけ…)
【ソルロンタンについて】
又文句言っています…
どんだけ性格悪いんだ?
でも、この時はソルロンタンがとっても好きじゃなかったようです。
今は好物です♪

【ロッテワールド】
2013年の旅行より行っておりません。
もう히나노も連れて行っていないし、多分居てもどうだろう?行きたいかなぁ?
テファの壁画もどうなったのかな?
さすがにもう撤去されているかな?それを確認しに行く気は無いんだけど、又スケートリンクで老いと成長を撮るのも興味深いかと…(笑)
それから、イカ焼き!未だに屋台で類似品すら見つけていません。
あれはもう1度食べたいなぁ~まだあるのかな?
ただ、その2件の為に高額な(笑)入場料を支払う気は…ちょっと無いかもしれない。
気が向いたら又行ってみたいと思います

【チムジルバン】
ここに貼った暗い写真は…あれはあれで…ジェイソンやフレディが出そうな…
ま、写真のせいっすね。下手でごめん。(笑)
ただ、お風呂なのであまりガッツリ写真を撮るのもどうかと思って、小心者なので、ささっと隠し撮りのような怪しいカメラマンでした。
しかし、何かと拙いなぁ…写真も文章も…6歳若いだけでこんなにバカ??(笑)
1日居たいと書いてあるけど、ここ泊れるみたいですね。
バックパッカーのような旅行だったら良いかも。
ただ、私はもう初老なので…チムジルバン泊はちょっと無理かもしれない。
日本から逃亡してきたとか、のっぴきならない理由なら出来ると思いますが、旅行だと無理かも。

【南大門】
2013年5月に復活しました♪
国宝第1号「崇礼門(南大門)」
しかし、やっぱり写真下手っすね

【謎チゲ】
ホルモンのお店は、トンホテルを出てすぐ右側にあった。
安心、安全を求めていた割には、よくこの店に入ったもんだ…
入ってからホルモン屋って知ったし、当然日本語メニューなんてなかったし、おっさんが焼酎飲んだくれていたし。
韓国語も読めない、喋れなかったのに焼酎も飲んで、こんなコアな食事まで…(爆)
それから…「真っ黒レバー」は…今思えば、血の塊の「ヘジャンクッ」だったと思います。
無知って素晴らしい

スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply