Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

maui121211.jpg

【あらすじ】
クァンヒョンに話をしようとしたが、チニョンが来てしまい、口を閉ざすインジュ。
インジュの様子がいつもと違うので、何を話したかったのかが気になるクァンヒョン。
「まさか…俺の過去を」…不安になります。

チニョンとソンハの婚礼の準備を進めるミョンファンは、家に届く婚礼の品が運ばれ、お祝いに家に集まるお偉方の接待で高笑い中。
兵曹判書(ピョンジョパンソ:軍事を統括していた大臣)、戸曹判書(ホジョパンソ:財務大臣)、大司憲(テサホン:百官を監察して規律を確立するなどの業務を受け持つ)等のド偉い連中が集まっていると言う話を聞き、左議政は焦ります。

ソンハは、ミョンファンに「姉上の家門が欲しいがために婚姻を進めているんですか?」と詰め寄りますが、ミョンファンに「愚か者」だと言われます。
人の心より、カン家の財産や権威を手に入れる事が全てなんだってさ
しかし、それでも納得のいかないソンハ。
本当にエエ子やなぁ~

医生と医女達は、コ・ジュマンから外科手術の講義を受けます。
イタチと②は相変わらず、外科手術は馬医のような卑しい者がやると、クァンヒョンに絡んでいます…┐(´д`)┌ヤレヤレ
チニョンに睨まれて口をつぐみますが…
こいつら…学習能力ってのを一切備えていないようですね。
切開法の実習中にコ・ジュマンが一瞬ガクッとバランスを崩しますが、医生たちは切開に夢中になっているので気づきません。(何かの前触れ…?)

ウンソの兄が、妹の為にみかんを届けに来ていた所、左議政が帰宅。
イヤミを言われ、謝るウンソ。
兄は「融通の利かない爺」と言う(爆)
帰る兄を玄関まで見送るウンソ。
その時、ウンソの使用人のたんぽぽの白鳥みたいなのが、超挙どっているのが…異常に怪しい…
すると、家の陰にもっと怪しい男が隠れていた…
場面が変わり、怪しい男はカン武官を待っていた
カン武官はウンソの何かを探らせている様子です。

コ・ジュマンに呼ばれたクァンヒョン。
コ・ジュマンは自分の足に鍼を打っていたが、クァンヒョンが来るとそれを隠した。

チニョンが、家に帰ると婚礼の準備で沢山の荷物と人が居るので驚く。
結婚をしたくないチニョンはミョンファンと話し合う。
ミョンファンに、クァンヒョンの名前を出される。
「あいつのせいで婚姻を拒むのか?」と聞かれて、「申し訳ありません」と答えるチニョン…
認めた事になるわね…ここだけ、嘘つけないのかなぁ…
仮に親が許したって、法が許さない事はわかっているでしょうに…

ミョンファン…チニョンが部屋を出て行った後、悪そうにつぶやきます。
「卑しい者への哀れみは死んだ父親譲りだな…」
【翻訳】
卑しい者への哀れみ(ミョンファンを馬医だと差別しないで、友達になってくれた)
死んだ父(カン・ドジュン)


インジュは一人で鍼箱を見つめ、トジュンやミョンファンと笑っていた昔を思い出しています。
そこへコ・ジュマンが現れ、鍼箱を見て「カン・ドジュンの鍼箱だな」と言います。
コ・ジュマンはカン・ドジュンの師匠でもありました。
「あのような死なせ方をして残念だが、娘のチニョンが生きて遺志を継いでくれてトジュンも心残りはあるまい」と言うと、インジュはいたたまれなくなる。
そして、クァンヒョンが本当のカン・ドジュンの子だと言う事を涙ながらに打ち明けます。

その頃、クァンヒョンは司僕寺でチニョンと待ち合わせ。
ヨンダルをチニョンに見せる約束をしていた。
が…チニョンが来る前に、カン武官と話していた怪しい男がクァンヒョンを「ウンソが倒れた」と騙して旅館へ連れ出します。
そして、カン武官は左議政にウンソ(嫁)とクァンヒョンが会っていると伝えに行きます。
2人は罠にハマりました。
ウンソはクァンヒョンからの手紙が届いたので旅館へ来ていました。
お互いに「私は呼んでいない」と…
罠に気づき、ウンソがクァンヒョンに「逃げるのだ」と言うが、素晴らしいタイミングで兵が現れ、2人は連行されます。
「両班の寡婦と賤民の情事」と言う事で2人は「網常罪」(カンサンジェ)で捕まりました。
儒教的道徳観を逸脱した罪で、一般犯罪を取り扱う、捕盗庁(ポドチョン)ではなく、義禁府(ウィグムブ)の管轄となります。
この罪は、国の根幹に関わる重大な罪で、死罪にも値する罪です。
勿論…裏で糸を引いているのはミョンファンです。
ウンソとクァンヒョンが会っていたのをカン武官がミョンファンに報告して、この罪をでっちあげました。
そして、ウンソはクァンヒョンに無理矢理誘われた事にして、左議政の立場も守り、ウンソはお咎めなしで、クァンヒョンだけ片付けると言う事で、左議政が恩を感じ、自分に逆らえないように仕向けたのでした。

クァンヒョンは「奥様の治療をしただけだ」と訴えますが、信じてもらえません。
筆跡の違う、クァンヒョンのウンソを誘い出した手紙を証拠だと言う役人………
これが証拠なら…人は皆死罪だな…

そして、たんぽぽ白鳥はやはり…脅されていた為に、ウンソとクァンヒョンが旅館で落ち合うように仕向けていました。

ウンソとウンソ兄は嘘の証言をさせられる事に…
家門を守るために、「クァンヒョンの治療を受けていない」と言わされます。

ウリクァンヒョンは、又捕まってしまいました

【感想】
ホジュンやチャングムで、でっち上げの罪やらなにやらでこうなるのは慣れっこだけど(笑)
酷いでっちあげだね。
「網常罪」
ミョンファン…どんだけ?
しょっぱなに「あの男(トジュン)に出会わなければこんなことには…」なんて事を言っていたような気がしたけど…
トジュンに出会った事なんてちっとも関係ないじゃん!
あんないい人に出会えたのに、こんなワルになったのは自分のせいでしょ~~~
恐ろしいやつだ。
どんだけ人のせいにすれば気が済むの?
スポンサーサイト
最終更新日2016-06-08
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply