Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

3-1.jpg


【あらすじ】
忍びこんだごろつきの隠れ家で、鍼による殺人、死体遺棄を見てしまったクァンヒョンとヨンダル。
捕盗庁に通報しに行くが、全く相手にされず。
ヨンダルは、自分の人相書きが出回っている様子で、捕盗庁に行きたくない。

殺人を見られた、ごろつき達と後のカン武官は、ヨンダルを見つけて拉致、監禁をする。
クァンヒョンも追われているけど、島からクァンヒョンを探しに都に来たお父さんと一緒に島に帰ることになる。
お別れの挨拶をしに、ヨンダルたちの住み家の橋の下に行くと、ヨンダルが昨夜から帰って来ていないと…
皆でヨンダルを救出しに出かけ、クァンヒョンの知恵により、ごろつきの隠れ家に火を放ち、無事にヨンダルを救出するのだが、見つかってしまい、殺されそうになるがソックに助けられる。
しかし、次に現れた追手はごろつきではなく、ミョンファンの追手の兵士で、ソックを追っていた。
逃げる途中で、ソックは胸に矢を受けてしまい、ひとまず洞窟に隠れるのだが…
クァンヒョンが薬草を探している間、ヨンダルがソックを見守る。
ヨンダルは、12年前にクァンヒョンと取り換えたソックの実の娘だった…

【感想】
この第3話は、チャングムを思い出してしまった(笑)
怪我をして洞窟に隠れて、子どもに真実を話す親と、親が何を言っているのかよくわからない子ども。
ペク・ソック役の俳優さん、今見ているテレ東の「パンチ」ではなんか情けないやつ(笑)
その前に見ていた「トロットの恋人」でも情けないやつだった。
まさに、朱蒙のテソが言う「情けないやつ」
威張り散らしているけど、小さいやつの役が多い。
そういえば…ドリームハイで、ヘミのお父さんだったかもしれない。
あのお父さんもなんか情けなかったなぁ~(笑)

でも…
20160512155007254.jpeg
華政を今、丁度見ている私としては…鳳林大君が、昭顯世子の死を12年経っても忘れないで、拘っていてくれて嬉しい。
結局は揉み消されたけど…(爆)
そして、チョ氏の息子が世子にならなくて良かった(^^♪
そうじゃなかったら、「馬医」は成り立たない。
孝宗がカン家の家門を復活してくれたお陰で、この話は成り立つのだ。
しかし、イケメンだった鳳林大君…ったら…年を取ってこんなお顔に…
あ、俳優が違うか(^^ゞ
スポンサーサイト
最終更新日2016-05-13
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
みゆ  
No title

ペク・ソックが亡くなってしまって残念。
ぺク・ソックを見るたびに、六龍でのキル・テミをもう1度見たくなる(笑)
もうチョンミョン公主は生きてないのかしら?
昭顯世子の死の真相に気付いているはずだから、孝祖も公主とたまには話せばいいのに~(爆)

ペク・ソックが我が子と知りつつ、他界したのはよかった。
知らずに死んだら気の毒だと思ったから。

2016/05/14 (Sat) 13:02 | EDIT | REPLY |   
ユカ☆  
Re: No title

ペク・ソックは、密かに娘を見に行っていたから、顔を知っていたのね。
ヨンダルがなかなか気づかないは、韓ドラのお約束だけど(笑)
チョンミョンは、孝祖の時幾つなんだろう?
光海君の時に既に大人で、孝祖は仁祖の子だから…イ・ヨニそのもので若く見えたけど結構なお年の筈よね。

2016/05/14 (Sat) 14:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply