Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

2014年1月26日~29日の3泊4日プランです。
この旅は、初H.I.Sで行きました。
結構良かったっす♪

【出発】

この日は히나노の部活があったので、5時に起床してお弁当作りから始まる。
今回もチェジュ航空なので、機内食は無し。
なので、自分のお弁当も作りました。

去年の夏、空港で京樽の茶巾ずしを買って搭乗しましたが、なんとなく勿体なく感じたので、今回はおにぎりを持参しました。

タクシーを呼び、7:05の湘南新宿ラインにて大宮へ向かいました。
この日は日曜日だったので、車内はそれほど混んでいなく、実は私は黒タイツのお姉さんの正面に座っております。
赤いスーツケースはこの旅を最後に破棄する予定の中型スーツケースです。
買ったのが25年程前のシロモノ。壊れているわけじゃないんだけど…少しバカです。
奇麗に取ってあったので勿体ないような気もするけど、とにかく、引きずりづらいし、重いし…
これから老いて行くので、こんなスーツケースの持ち運びは多分出来なくなるかと思いますので、廃棄する事を決意いたしました。
最後の旅行だ!頑張ってくれっ!

4054549_2043717933_54large.jpg

【ONライナー】

噂には聞いていたけど、快適でした♪
なんせ、大宮からずっと座って成田空港まで連れて行ってくれちゃうんですから
ただ、いつものように京成の特急で行くより、1,750円高いです。
この出費をどう考えるか…楽は出来るんだけどね…悩みの種なんだけど、やっぱりこれを知ってしまったらもう元には引き返せないと思います。
これは、約1週間前に準備しました。

4054549_2040402229_71large.jpg 4054549_2044391597_136large.jpg

【成田空港】

4054549_2044391682_245large.jpg 4054549_2044391712_215small.jpg
4054549_2044391746_128small.jpg 4054549_2044391784_59small.jpg
4054549_2044391825_254small.jpg 4054549_2044391814_107small.jpg

今回は、あまりふらふらしないで、すぐに搭乗口まで行っちゃいました。
もう目新しいものも何にもないし。
お昼御飯も持っているので、特に無駄な事はしませんでした。
お水だけ買わなくちゃ。

【機内食】
4054549_2044391868_178large.jpg


自作の機内食。
マカロニサラダは、昨晩の残り物
でも、何気にこれが一番美味しいのかもしれない。
贅沢感は無いけど。

しかし…この後まさかの「のり地獄」が何日も続くとは夢にも思っていなかった…

【仁川空港】

4054549_2044391911_55small.jpg


雪が降っていて、寒い事を期待していたんだけど…
なんだこれは??(笑)
降りて、最初に目にした韓国がこれでした。

今回は空港に降り立った時の「にんにく臭」が気にならなかった。
2年前と去年は凄い感じたんだけど、で、未だに成田の味噌臭ってのがわからん(笑)

今回は免税店引き回しをカットしました。
H.I.Sのツアーには、1,000+で「空港より自由行動」なるプランと午後帰りのプランがありました。
その場合はA’REXと言う、特急列車に乗ることになり、午後帰りの場合は早朝出発は無くなる♪
なので、少しゆっくりできそうです。

到着ロビーで、すぐHISから派遣された韓国人添乗員と落ちあい、ちょっと喋ってバイバイした。
多分3分ほど。
ちなみに、帰りは空港まで連れて行って貰って、キムチ屋に寄る事にしました。
正直、行きも帰りA’REXにしたかったんだけど、帰りに何かがあったら怖いので、今回は帰りはキムチ屋に寄る事を選んだ。
もし、大丈夫そうだったら、次から免税店もキムチ屋も止めれば良いし。

29日の説明を受けました。
帰る日は、10:30にロビーだって…「はやっ」予定では11:30だったのに…まぁ…仕方がないな…朝5時集合に比べたら全然遅いし…
でも、ちょっと最終日の朝に計画があるから…ちょっと不安。

添乗員のくれたA’REXのチケットは「直通券」
うーん…私、途中下車するからなぁ…と思って言ってみた。
「私の泊まるホテルは、ソウル駅まで行っちゃうと無駄だから、途中下車したいんだけど、出来ますか?」と言ったら「空港バスで「慶南ホテル直通で行けばいいのに」と言われた。
答えになっていないし、そんなの100も承知だし!
で、「そんなのわかっています。そっちがA’REXプランを提示してあったから乗っかっただけだし、だったらなんで自由プランを提示しなかったんだ!」とこれはマジでこの通り強く言いました(爆)
が、強く言ったら知らん顔されて「直通券持って、インフォメーションに行ってくれ」と言う。
全く…何のための現地添乗員?
これ以上意思の疎通が出来ない人と話しても無駄なので、インフォメーションに行って、「ソウル駅まで行かないで、途中下車したいんだ」と言ってチケットを渡したら、これで大丈夫だと言われた。
あの人も、そう言ってくれれば良かったのに。
「○○すればよかったのに」なんて余計な事を言うから。私も怒ったのよ。
ソウル直通じゃなく、各駅のA’REXに乗り、ソウルまでの田舎の風景(畑、田んぼ、山)等を楽しみながらだらだらと1時間近く。

あ…写真。
このA’REXは全く撮りませんでした。
悔まれます。
私は、ちょっとしたパニックになると写真を撮り忘れるようで(笑)
この時、添乗員とかみ合わなかったお陰で、かなり長い間興奮していました(笑)
多分、ホテルの最寄り駅に着くまでおさまらなかったかと…
約2時間パニクっていた事になります。
表面的には強くは出ないんだけど、結構体の中で化学変化が起きていて、脂汗はかくし、心臓がまずバクバク言っています。
写真を撮れている時はかなり穏やかな心情で居ると言うことをお察し下さい。

地下鉄5号線直通の孔徳駅で降りて、地下鉄に向かったら…添乗員から貰ったカードにエラー出て、中に入れない…冷や汗
改札のそばにあったコンビニで、直通券をチェックしてもらったら、「ここまでの金額しか入っていないから、この先に行くには別のTマネーカードが必要」との事。
こんなさびれたコンビニに、ちゃんと日本語を喋れる人が居るとは(笑)
なので、シナカード(前回買ったシナの写真つきのTマネーカード)を見せたら、彼は金額をチェックしてくれて「8000₩以上入っているから、これで行けますよ」と言う。
そして、直通チケットは保証金の500₩が帰ってくるから、払い戻してきた方がいいと言うわけ。
で、切符売り場に行ったら…今度は話の通じない駅員さん(でも英語はべらべら喋っていた)から「500₩」を渡されたけど、「1000₩をよこせ」って言って、何やら直通カードをオレンジの1回カードに取り替えて、「これで行ける」と言うわけ。
ま…しょうがないなぁ…と思って重い荷物を預けてあったコンビニに行ったら、「なんで又1回券を買うんだ?シナカードがあるのに」と言われる。
_(▼∀▼)ノ彡☆ バンバン!!
「オレンジカードは払い戻しが出来るから絶対に払い戻しなよ」って言われた。(爆)
正直…100\や50\の世界の話なんだけど、優しいコンビニ店員さんが激しく保証金の払い戻しを勧めるので…「それだけは忘れない様に後でやらないと…」と思ってお別れした。

後からわかったんだけど、「直通カード」も「1回カード」も同じものだった。
つまり、直通カードは絵柄がA’REX仕様だっただけ。
よくガイドブックに載っている、オレンジの1回カードとシステムは一緒。
500₩の保障金付きで、1000₩がチャージされている。
日本と違って1回の乗車で、ひと駅だろうが10駅だろうが同じ金額なのでこんなカードがあるんだと思う。
ま、もう二度と韓国に来ないって言うなら、このカードを毎回買って、毎回500₩を払い戻せば良い。
でも…それなら切符にすれば払い戻す面倒くさい事しないで良いのに。
ところで、切符って無くなったのかな?
2008年には切符で移動したから、あった筈だけど…今は切符販売機自体が見当たらない。
多分無いのか?それとも切符にするなら窓口か?って感じです。

さて…オレンジカードを英語の駅員に買われちゃったので(爆)それを使って目的の「長漢坪」へ…

【最寄駅】
4054549_2044516208_111large.jpg

今回は、この駅に何度通った事か…
えと、駅を降りて1回目の階段は自力。
スーツケースが堪える
2回目の階段はエスカレーターがあったので、ホッと一息。
3回目の階段、4回目の階段は自力。
4回目の階段を上る時…手は痛いし、足は痛いでへばっていたら、すげーイケメンが上まで持ってくれた!
過去のソウル旅で、彼ほどのイケメンは初めて。
いつも優しくしてくれる韓国人だけど、おっさんやおばさんばっかり(爆)が、この人は服装もさることながら、完璧なイケメンだった。
きらきらしていた。
5回目の階段も持って上がってくれようとしたんだけど、見たらそこにはエスカレーターがあったので、丁重にお断りをして、お礼をしてお別れした。
はい…とんでもない駅です。
地上に上がるのに5つもの階段があるんですぜ
ソウルの地下鉄…今まで何とも思わなかったんだけど、今回はアホのように移動しまくったので、どの駅には幾つの階段があるとか、どんだけ遠いところに乗り場があるかって事までしっかりと脳裏に焼きつけました
焼きつけなくても焼きついちゃったよ!
地上に着いて、真っ直ぐ行くとバス停が。
ここから本当は乗るんだったんだけど…何を欲したのか?そこをスルーして次のバス停まで歩いちゃった。
バカみたい。
手にはマメが出来るし、重いし…バカだ。
あそこに居れば良かった。
って…実はまだバスに乗るのが怖かったってのが本音。
散々凹む事があった上に、バスなんて高度な技を使うのにはまだ心の準備が出来ていなく、無理してでも歩いてホテルまで行こうなんて無謀な事を思った。
しかし…こと切れ…(笑)「もう無理」
「もしも…このバスでとんだ所に辿りついちゃったとしたら…タクシーに乗るしかない」と思った。

4054549_2044392014_218large.jpg

で、スーツケースがねぇ…これのせいで乗るのも大変だったし、シナカードをカードリーダーにかざすのも一苦労。
しかも、ちょい混み。
迷惑だったかも。汗をかいた。

一応…バス停にあった路線図で確認したら、乗ったバス停から3駅程だったので数えていよう…とじっと神経を集中させていた。
が…バス内のアナウンスはイマイチ分かりづらいし…人が居ないと凄いスピードでバス停をスルーするし…「え?大丈夫かな?数え間違えていないかな?」って一瞬迷ったんだけど、「キョンナムホテル」ってうっすらと聞こえたので、物凄い勢いでスーツケースをガタンガタン階段にぶつけて降りた。

ちょっと歩いたらありました♪
私の今回お世話になる「慶南観光ホテル」
大きいホテルでした。
空港バスが停まるバス停がある位だし、結構良いホテルなのかもと期待をして…

慶南観光ホテル(경남관광호텔(キョンナムクァングァンホテル))



4054549_2044392077_235large.jpg 4054549_2044392207_30small.jpg

ホテルの前にはこんな車や看板が(笑)
どうやら、ナイトクラブが有名なご様子。
口コミに「ナイトクラブがうるさくて眠れない」と言うのもあった…

ホテルのロビーに行き、自分でチェックインしました♪
なんか嬉しいっす

4054549_2044519320_140large.jpg

ツインルームでした。
広くて、良いお部屋だったと思うけど。
結構口コミって酷い事が書いてあったなぁ…
でもさぁ…格安ツアーだから「慶南」だったんじゃねーの?(爆)
そんなにホテルのクオリティを求めるなら、お金を多く払って最高のツアーに参加すりゃいいじゃん。って思うわけ。
それから、ナイトクラブの音。
確かにズンズンと振動が響いたような気がしたけど…私に至っては、蚊の羽音より聞こえないです。
ナイトクラブに眠りを妨げられた日はありませんでしたわーい(嬉しい顔)
久々にシャワーカーテンもあったし、バスマットもあったし、タオルも沢山あったし、全く問題なしでした。

免税店拉致を初スルーして苦労してここまで辿りついたけど…もしも又「免税店引き回し」「A’REX肉体疲労」のどっちかの選択を迫られたら、迷わず「肉体疲労」を選びます。
疲労は激しかったけど、面白かったし、又一つ物を覚えたし、イケメンやちょっと太めの優しそうなコンビニのお兄さんにも親切にされたし。
あ、英語駅員も親切は親切だったし(笑)

時間的には…免税店にもしも行っていたらの場合より多分2時間位は早くホテルにチェックイン出来たと思います。
それ位、免税店の方面からこの慶南ホテルは遠かった。
もし、免税店を回っていたら、免税店で1時間費やし、その後他のツアー客のホテルを周り、その度に添乗員が降りてチェックインして、説明している間待たされて。
そして、慶南ホテルは多分一番最後に送り届けられたと思う。

ホテルで疲労を少し取り、お出かけをすることにした。
7時にホテルを出る。
フロントで「駅に行くバス停」を聞いたら、「道路を渡って…」と言って止めた。
そして「歩いても15分位だけど」となんかバスをお勧めしない様子がうかがえたので、「じゃ、今日は歩きで行きます」と言って、ホテルから歩いて駅まで行ったが…
確かに15分位だけど…これ、絶対にバスが良いよ。
バスに乗るのはそんなにお勧めできない?
初老だから?(爆)
わからないことを無理にやるより、歩いた方がましだと思った?

今夜の目的地は「ソウルタワー」でした。
韓国6度目にして、やっと行く!(笑)
予定ではソウル駅に出て、そこからバスのつもりだったんだけど、バスはまだわからんので、止めて明洞からバスにしようと思って、「明洞入口」ってバス停を見つけたので、待っていたんだけど…なんかおかしくて。
仕方が無いので…いつも行っていた汗蒸幕の方向へ歩いた。
そこに行くとソウルタワーが凄い近くに見えるの。
歩けば着くに決まっている程の大きさで見えるのよ。
で、歩いたは良いんだけど…どんどん近付いているのもわかるんだけど、ドえらい坂道だったふらふら
足いて~よ~

なんとか辿りついて、ケーブルカーのチケットを買った。
当然「往復券」!

4054549_2044392317_222large.jpg

【ソウルタワー】

4054549_2044392338_95large.jpg

展望台からの夜景です♪

4054549_2044392371_70small.jpg 4054549_2044392419_69small.jpg

八角堂。「美しき日々」でヨンスとセナが待ち合わせした場所です。

4054549_2044392449_112large.jpg

憧れ?のソウルタワーですわ。
次はもう行かないだろう(笑)
1回行けば十分だ。
あ、でも初めて行く人と又旅行に…なんて事になったら案内は出来ます(笑)
さて、そろそろ降りようと思ってケーブルカー乗り場の方へ移動しようとしたら、ソウルっ子達は、なんかケーブルカーじゃない方向へ降りて行く。
そう言えば…ここに来るバスもあったんだよなぁ…時間あるから着いて行ってみよう…と思った。
往復券買ったくせに(笑)
でも、ケーブルカーを降りた後、又あのドえらい坂を歩いて下るのは…ちょっと膝を痛めそうだし…1日目にして膝をやらかすのは痛いので、ソウルっ子カップルを尾行した。
ら、大した苦痛も無く、バス停に辿りついた。
やっぱ地元の人、しかも若者にこっそり着いて行く事を勉強した。

4054549_2044392491_108large.jpg

このバス停から乗りました。
05番は「明洞」に行きます。

4054549_2044392555_216large.jpg

暫く乗っていたら、見えて来た「南大門」
去年大撮影大会を一人でやったので、もう南大門は行く予定じゃなかったんだけど、今回はバスの中から見れたのでこれで満足。

明洞で無事に降りて、夕飯を食べることにした。
考えてみたら、あまりにディープな行動をしていたので、機内食(爆)を食べた後何にも食べていなくて、腹が空きすぎていた。

何を食べようか凄い迷った挙句…
有名なので、「忠武キンパ」に入ってみた。
そして、入ってしくったとすぐ思った…
メニューが1つしかなく、席に座ったら注文も取らずにそのメニューが猛スピードで出て来る。

4054549_2044392592_179large.jpg

何が楽しくて、又のり巻き食っているんだ?
昼がおにぎりだったのを忘れたのかいっ?
忠武キンパは、白ご飯(味なし)と海苔のシンプル海苔巻きとイカの炒め物(甘辛くて美味しい)カクテキのみ。ここに淡白なスープが付く。
激安です。6000₩だったかなぁ?
しかし、食べて行くにつれてこのイカの辛さが身にしみる。
スープを飲むと、舌にスープの熱さが染みて、辛さが更に増す。
美味しかったですけど、もう無いと思います。(爆)

明洞を歩きながら、屋台でホットクを買って食べてみた。
新大久保と違ったのが、カリカリ感が半端なかった事。
中のフワトロも良い感じ♪
暫く歩いていたら、凄いしばれて来たので、スタバに入って(爆)

ここでとんだ事をしたんだけど…
スタバの1階のテーブルに一瞬着こうと思って、ふと上を見たら2階へ行く階段があったので、そっちに席を移動した。
そこでゆっくりと1時間ほどコーヒーを飲んで、降りて行くと…さっき私が一旦着きかけた席に見覚えのあるオレンジの財布があった。

「はぁ??????」と思って駆け寄って、財布を手に取ると間違いない私の財布だ。
中には両替したばっかりの500,000₩入りの筈…恐る恐る…中を確かめるとちゃんとあった。

あの…私って高校生の頃から、財布や定期を失くした事が何度もあるんですけど、中身を失った事が一度も無いんです。
なくした場所に戻ると、ちゃんとそのままだったり、警察に届けられていたりと…
まさか、韓国でもこのような事になるとは…
いやぁ…この強運だけは凄いと思う。
ま、自分がポカやらなきゃ気がつかない話なんだけどね。

で、酷く疲れていたので、地下鉄を逆方向へ乗ってしまった。
ふと…気が付いたら「ヨイド」って聞こえた。
「え????」5号線は間違いないんだけど、このままだと金浦空港へ行ってしまうぞ。
時間は…11時過ぎている。
ヤバい!
慌てて降りて、逆に乗り換え…又寝てしまった。
が…今度はなんとか、長漢坪前で目が覚めたので、駅には帰る事が出来た。
終電には間に合った。
が、もう15分歩く気力もバスで神経を使う気力も無かったので、タクシーに乗ってしまった(自爆)
深夜料金を払ったので、3600₩でした。
ま、360\だと思ってください。

前回ほぼタクシーで活動したので、今回はタクシーに乗らない!って決めていましたが、初日にやっちまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
それも異国の地下鉄で眠り呆けて…
財布は落とすし、せっかく見つかったのに、地下鉄なんぞで眠り呆けていたら、韓国スリ団に狙われるだろう
なんて私って緩いんだろう…히나노の事を言っている場合じゃないな。
スポンサーサイト
最終更新日-0001-11-30
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply