Welcome to my blog

ユカ☆

ユカ☆

黒豚生姜焼き

鹿児島へ入りました!

初鹿児島♪
これで九州を制覇しました!
と言いたいところですが…県を制覇しただけの話(笑)
でも、関東在住の私的には達成感ありです!

では…宮崎で食べられなかった冷汁は翌日にと言うことで、「じゃ、黒豚食おうじゃないか!」と思って車を走らせていたら、な~んか、地味~なお店を発見。
私はスルーしたんだけど、が「黒豚定食だってよ!」って言うので。
奴が運転手だったし…Uターンして…
時間も時間だったし…13時過ぎていたから、正直「うーん」だったけど妥協した。

お店の名前は言えない…
だって、あまりにおもしろすぎるお店だったから。
悪いクチコミになりそうだから言えない。
でも、本当に面白いお店だった。
私もも、他のお客さんも…ま…好意的に思っている筈。(爆)

お店に入ったら…カウンターにマイク真木が居た。(白髪のひとつ縛りのロン毛)
座敷席に、お爺ちゃんとお婆ちゃんと、娘と孫的な4人家族。
客は、5人。
でも、2組。
普通なら何の不安も無い。

「いらっしゃいませ」が無い。
それも…2分間なし。

は温厚なので、「すみません」と厨房方向に声をかける。
ちなみに、私は…すぐ脱出したかった。
だって凄い嫌な予感がしたんだもん。

返事が無い。

もう絶対に脱出!って思ったら、マイク真木が厨房に向かって「しょうちゃん!」って言った。

ら、しょうちゃん出てくる(爆)

私たちはやっと席に着く。
4人家族は、その時初めてオーダーを取ってもらっていた。
「気が長い家族だなぁ…」

しょうちゃん、又厨房に引きこもる。

黒豚定食は3種類ほどあった。

①生姜焼き
②丼
③ラーメン

厨房ではジャージャーと調理をする音がする。

4人家族の料理が出てきた。
「生姜焼き3」

娘らしき人が「え?一つは丼ですけど」と言ったら、しょうちゃん「あ…………」

「作り直します」

娘さん「いいです」

「あ、子供用の小皿ください」

「わかりました」

しょうちゃん、厨房。

調理の音。

10分経っても小皿出ないし…

自分のコトじゃないんだけど気になっちゃったわ。

4人家族、黙っている。
どんだけ気が長いの????

に「しょうちゃん、小皿忘れちゃったのかな?もう完食しちゃうよ」とボソボソと言ったら「パニクっちゃっているんだろうな」って…

ええええええええええええええええ

マイク真木はもう食べ終わっているし、2組の客だけじゃん。
何故パニクる???

で、お子様用の小皿より先にウチの黒豚定食出てきた(爆)

しかも、ウチはオーダーミスなしで、黒豚生姜焼きと黒豚丼が来た。

心苦しかった…
小皿の事…言うべき?悩んだ…けど、止めた。
もう遅いし。

ら、しょうちゃん、私たちの料理を置いた後、小皿を持って行った!

衝撃!!!!!
憶えていたの??????

小皿が先でしょ?????


もう食べ終えていたのに…4人家族さん…黙って「はぁ…」って感じ。
しょうちゃんったら、「遅くなってすみません」ってスイカひと切れをサービスしていた。(爆)
生姜焼きの付け合わせのね。
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

多分、生姜焼きが3つ出ていたので…あまり嬉しいサービスじゃなかったと思うの。
でも、「ありがとうございます」って言っていた素晴らしい家族!

見習いたいと思いますわ。
私は、ココロが狭いし、サービス業経験での苦情処理に追われていた系だから…
オロオロしちゃいました。

しょうちゃんのお店。
お味噌やドレッシング手作りです。

お味噌汁は甘く、ノンオイルドレッシングはモロ醤油。(爆)
もう、愛すべきしょうちゃんです♪
スポンサーサイト
最終更新日2015-08-05
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply